弁護士に依頼して解決する【経営成功のベクトル】

裁判

法律トラブル

説明

法律に関係するトラブルが起きてしまった場合にはすぐに、法律相談をしてみましょう。例えば、東京には多くの弁護士事務所があります。中には、無料で法律相談を受け付けているところもありますので、上手に活用してください。

もっと詳しく

不当解雇の相談

木槌

泣き寝入りを避けられます

経費削減のために、何のかんのと理由をつけて従業員を解雇や依願退職に追い込む会社が少なくありません。名古屋は大都市ですので、企業の本支店がたくさん開設されていますが、全ての会社の経営が順調であるわけではありません。外から見ただけではわかりにくいですが、内情は火の車になっているという会社が意外なほどたくさんあります。会社の倒産を回避するために、多くの会社が経費削減に勤しんでいるわけですが、一番手っ取り早く行うことができる経費削減方法がリストラです。しかし、労働者の権利は法律で保護されていますから、会社都合で退職させるにはそれ相応のことを会社側がしなくてはなりません。その手間やコストを省くために、デタラメな理由をこじつけて従業員を不当解雇している会社が、実際に名古屋には存在しています。そんな時に頼りにすることができるのが、労働問題に強い弁護士です。名古屋には労働問題を得意としている弁護士がたくさんおり、実際に多くの人を泣き寝入りから救っています。

将来の見通し

リーマンショックが起こった直後に比べると、日経平均株価がかなり持ち直してきているのは事実です。株価が上がってきているため、しばらく株式売買から遠ざかっていた個人投資家が、最近また株取引を始めるようになってきています。しかし、株式市場に株式を上場しているのは、限られた一部の大手企業だけです。中小企業だけに限って見れば、倒産・廃業の件数が増加する一方となっているのが実情です。名古屋にも経営状態が危機に瀕している会社がたくさんありますので、残念ながら、不当解雇される人が今後さらに増加し続けるのではないかと予想されています。しかし、弁護士を利用すれば、会社側に解雇を撤回させたり損害賠償金を支払わせたりすることが可能になります。現状を見る限り、弁護士に不当解雇相談を持ち込む人が将来的に増えるだろうと見込まれています。

解雇された際の対処法

説明

雇用状態が上向いているが、労使間で解雇を巡るトラブルが増えています。解雇が不当解雇であるかどうかは民事の問題であり、究極的には裁判で決することとなる為、将来的に代理人になってもらうことも見据えて弁護士に相談するのが最適です。ただ、労働法に詳しい弁護士は割合的に少ないので注意して探す必要があります。

もっと詳しく

とても厄介な問題である

book

相続問題はとてもデリケートな問題なので慎重に話し合う必要があります。またこの問題に関してよく分からないことがあったら弁護士等専門の人に相談をするのが良いです。大阪にも相続問題についてとても詳しい弁護士が沢山いるので、大阪に住んでいる人も気軽にそういった人に相談に乗ってもらうことができます。

もっと詳しく